便秘に効くトマト効果

便秘が続くと、お腹が張るなどして大変不快なものです。食物繊維の多い食品やヨーグルトなどに含まれる乳酸菌など、便秘の解消に効くといわれている食材はたくさんありますが、トマトも効果的な食材のひとつとして挙げられます。

トマトは緑黄色野菜の仲間であり、ビタミンやカリウム、マグネシウム、鉄分、食物繊維など、さまざまな栄養素が含まれています。また、水分が多く含まれているというのも便秘解消に効果的な理由の一つでもあります。

食物繊維は便通改善に効果があるという話を聞いたことがある人が多いと思いますが、トマトには「ペクチン」と呼ばれる消化されない食物繊維が含まれています。このペクチンは、腸内で膨らんで、腸の蠕動運動を活発にしてくれます。また、マグネシウムとカリウムには腸内の活動を活性化させる働きがあります。

このように、トマトには便秘の解消に効果的な成分がたくさん含まれています。トマトは生のままサラダなどとして食べてもその効果は得られますが、トマトジュースとして摂取した方が、ペクチンなどの食物繊維や栄養素が多く摂取できるということが分かっています。そのため、より効果を得たいという人は、生よりもジュースとして摂取すると良いでしょう。

特に便秘になりやすい妊婦さんはこのような食べ物での便秘解消を心がけることが赤ちゃんの健康のためにも大切です。妊娠の便秘と腹痛を感じるときの注意点